事業内容

研究開発

新しい創造の世界へのパートナーとして、技術革新とグローバル社会への貢献を目標に研究開発活動に取り組んでいます。

お客様の満足を得る商品開発を目指し、ユニークな発想と環境・安全に配慮したエアゾール製品を市場に供給することを主眼に取り組んでおります。
これまで化粧品、医薬品、医薬部外品などの人体用品、家庭用品から塗料、工業・自動車用品など多品種多品目の処方開発に携わり、幅広い分野のデータを有しています。様々なクライアントのご要望にお応えすべくこれらを活用し、スムーズかつスピーディーな企画提案を行う。これこそが研究開発の基本と考えます。
そのうえで、いま世の中で何が求められているのか、何が必要なのかをマーケティングし、新しいソリューションサービスを展開しています。

できない、できる

エア・ウォーター・ゾルが目指すのは、お客様視点の研究開発体制の確立、そして社会の潜在ニーズに応える自社開発体制のさらなる充実です。
すべての研究開発は、お客様に満足していただくためのもの。確かな研究開発力をベースとする革新的なソリューションを提供することで、お客様が求める「できない?」を「できる!」へ変えることが、私たちの目指す目標です。単なるデータ蓄積のための研究開発ではなく、マーケティングとの融合で生まれる新しい製品づくりに挑戦し、社会に貢献していきます。

顧客共創
技術革新

品質管理

当社は、創業以来、高品質で安定した製品づくりを徹底しています。品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001認証を2001年に本社・岐阜工場で取得、2006年に茨城工場で取得し、さらなる品質向上に努めています。

また、環境負荷の低減や環境保全に向けた取り組みとして、2006年に環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001を岐阜工場で取得。企業の社会的責任として、環境に優しい活動を追求しています。

JAB CM001