事業内容

生産技術

最高を維持する「製品」の安全効率を高める「設備」の充実未来を創る「人」の成長すべては、ここから始まる。

当社は国内4ヶ所に工場を持ち、常に最新の設備と機器を導入しています。
安全性・生産性は共に最高レベル。
また製造ラインは化粧品・医薬部外品・一般品と、それぞれ独立したラインを持っているため、多様な製品を同時に生産できることも強みのひとつです。
優れたエアゾール・液充製造は、完璧な管理体制から。
私たちはこれからも設備投資と人材育成に力を入れ、お客様に身近な製品をお届けしていきます。

安全・品質・生産性を三本柱に徹底して環境へ配慮した生産体制

皆様にご愛用いただくスプレー(エアゾール)の生産を行うにあたり、最も重視しているのが「安全」。
そして高い「品質」の維持と、「生産性」の向上。生産現場からこの三本柱が崩れることはありません。
そのため最新の設備や機器を積極的に取り入れると共に、環境への配慮も徹底し、よりエコロジーに、よりクリエイティブにOEM/ODM事業のフィールドを広げています。

独自の技術や機械を駆使し、効率よく製造していく4工場

茨城、群馬、岐阜、山陽に4工場を持ち、製品のカテゴリー毎に生産を行っています。
そのため、品質面においても安定的な対応が可能。またエアゾール・液充の製造技術自体が「特殊技術」ではありますが、近年は需要拡大やパッケージの複雑化に伴い、より効率を高める設備が求められるようになりました。当社では機械メーカーと連動し、各工場にてオリジナル設備の導入を進めています。

工場 エアゾール(製造設備) 液体他(充填設備) 生産能力(月産) 主な取り扱い製品
茨城工場 8ライン 5ライン 510万本 総合(雑貨、化粧品等)
群馬工場 4ライン 2ライン 300万本 化粧品、人体製品等
岐阜工場 6ライン 1ライン 330万本 塗料製品等
山陽工場 7ライン 80万本 園芸(農薬・殺虫)製品等

それぞれの工場に倉庫を設置、季節柄の製品生産にも対応

工場では製造部、品質管理部、業務部、工務部と部署を分け、それぞれの役割を明確化しています。
さらに、各工場に製品保管用の「危険物倉庫」を設置。スプレーにはUVカットや園芸用など“季節柄”の製品が多くありますが、倉庫を活用することで繁閑差を軽減する上、緊急時にも対応可能となります。このBCP対策が、お客様からの信頼につながっています。

自ら考え、提案し、実行する─目指すは『考えられるモノづくり』

世間が求めているものは何か。私たちにできることは何か。最新機器の導入以外にも、従来の汎用機をどう改造していくのか。
どの部署に、どんな技術・人材が必要なのか…。私たちが目指しているのは、『考えられるモノづくり』です。
言われたことをこなすだけでなく、現場から湧き出るアイデアや課題を自ら発信し、自ら行動する。そんなプロ集団を目指しています。

可能性を広げる教育体制によりみんなが未来を創る「人財」になる

上記の通り、モノづくりの基本は「人」です。当社では創造力豊かな人財を育てるため、外部研修やコンサルタントによる講演など、若いうちから可能性を引き出せるような環境を整備。そして、たとえば広い視野で全体を見渡しながらオールマイティーに活躍できる方、専門性に特化して仕事の質を高めてくれる方など、適性を活かしながら成長しています。