エアゾールの基礎知識エアゾール事業

Home > エアゾール事業 > エアゾールの基礎知識

エアゾールの歴史

第二次大戦中、アメリカ軍が殺虫目的で作ったバグボンベ(トコジラミ用爆弾)がエアゾールのルーツです。戦後、日本でも本格的な研究が始まり、エア・ウォーター・ゾルの前身のひとつである東京スプレー研究所(のちに東京エアゾール化学株式会社)が、1951年に日本初のエアゾール製品であるヘアスプレー「スプレーネット」を開発しました。

エアゾールの構造

エアゾールは、
耐圧容器内に液体と噴射剤(ガス)を閉じ込め、
ガスの圧力で液体を噴射します。

※各部の名称からさらに詳しい情報をご覧いただけます

キャップ

気相:
噴射剤蒸気

耐圧容器 ボタン バルブ 液相:内容物
(噴射剤と原液)

ディップ
チューブ

エアゾールの噴射パターン

廃棄方法

廃棄方法については、一般社団法人日本エアゾール協会の「正しいごみへの出し方」で詳しく説明されていますので、ぜひご覧ください。

一般社団法人日本エアゾール協会正しいごみへの出し方

お問い合わせ

弊社へのお問い合わせは、以下のお問い合わせフォームからお送りください。

お問い合わせフォーム