At First

エア・ウォーター・ゾルの
価値づくり

エア・ウォーター・ゾルの仕事

お客様の「喜び、幸せ、うれしさ」があふれる社会をお届けするために、
各部門と関わり合いながら、多くの人たちと協調し、周りを巻き込む。
そして、その先の「価値」を、お客様へ創造し、具現化し、発信していきます。

職種紹介

私たちが目指す「価値づくり」は、
上記の相関図のように、各職種や部門が関わり合いながら、
一つひとつの製品をつくり上げていくことで実現されます。
ここでは、それを担う各職種の主な仕事内容とその役割についてご紹介します。

01

研究開発職

勤務地: 茨城⼯場敷地内

あらゆる技術で
商品をカタチにする

エアゾール関係

さまざまな⽣活シーンやあらゆる産業の仕事シーンにおいて活躍する、エアゾール製品の研究開発を担当。スプレー状・泡状といった内溶液を噴射できるエアゾール製品の処⽅や、噴射剤・資材を最適な組み合わせに企画・設計し、お客様の要望にお応えするサンプルを提案、商品化を推進します。合わせて、付随する安全性や安定性、有効性などの試験や新製品の開発も⾏います。

化粧品関係

お客様の要望にお応えするエアゾール化粧品の開発に加え、エアゾール以外の⼀般化粧品についても弊社オリジナル処⽅を開発し、お客様との協働で新製品開発を進めています。開発にあたっては、さまざまな試験で嗜好性や有効性を評価し、実際に化粧品を使⽤する⽅にとっての喜び( 価値) 、および直接のお客様にとっての価値も追求します。

⽣活科学戦略室

2020年2⽉に新設した研究室。エンドユーザーの⽣活の現場・現物・現実を「科学の眼」で観察することで、エンドユーザーが何に「価値( 原理・原則) 」を⾒出しているかを発⾒し、商品開発の⽅向性・コンセプトを開発します。また、その⼿法を確⽴し、各種カテゴリーの研究開発のモデルとして、研究資産の蓄積を⾏います。

社員インタビューを見る

02

⽣産技術職

勤務地: 茨城⼯場/ 群⾺⼯場/ 岐⾩⼯場

⼀つひとつの製品を
同じ品質・性能に

⼯場はお客様が直接⼿にする最終形態の製品を作っており、特にエアゾールは、⼯場で仕上げたものが直接お客様に届くので、品質には細⼼の注意を払います。⽣産技術職という職種は、⼯場で⼤量に製造しても研究で⼿作りされた1 本と同じ品質、性能、機能を有するように、設備、⼈、原材料、環境、管理体制などにおいて事前に確認、検証を⾏い、標準化する部⾨。⼯場が⼤量にモノづくりを⾏っても、1 本1 本間違いのない製品が⽣産できるのは⽣産技術部⾨の役割のおかげなのです。

社員インタビューを見る

03

営業職

勤務地: 本社( 東京都千代⽥区) / ⼤阪⽀社

お客様の「つくりたい」を
⼊⼝から出⼝までサポート

エアゾール関係

エアゾール製品のOEM事業の営業担当部⾨として、お客様の求められる商品づくりを提案するのが主な業務。エアゾール製品といっても家庭⽤品、⾃動⾞⽤品、⼯業⽤品、塗料など4 つのカテゴリーで幅広い業界に繋がりを持っており、それぞれの業界にマッチングした戦略を提案することで、各業界シェアを30〜60%獲得しています。お客様と⼀体となってつくった商品が市場で陳列されると、喜びも感じられやりがいのある仕事です。

化粧品関係

化粧品ODM/OEM事業の営業担当部⾨として、お客様、研究開発、⼯場と連携しながら業務を⾏います。ODM/OEMとは、顧客先のブランド商品の中⾝、容器、包装にいたるまでを提案し、形にしていく仕事です。お客様であるブランドメーカーさんから「このような商品をつくりたい」と要望があった場合、処⽅提案から始まり、量産に向けての各種段取り、そして発売後のフォローアップまで、⼊⼝から出⼝まですべての⼯程に関わります。⼿掛けた商品がお客様に喜ばれ、ヒットしたときは、最⾼のやりがいを感じることができます。

社員インタビューを見る